雨漏りの修理の方法

バケツ

雨漏り修理には、大掛かりなものから小規模なものまで、大きく6つあります。それぞれ屋根の構造の違いであったり、屋根の状況によって修理の方法が異なってきます。また、それぞれ料金や施工期間にも違いがあります。

詳しく見る

業者の信頼度を知る

天井

雨漏り修理の業者の信頼度を知るためには、見積もりのときを利用するのが良いです。現地に足を運び、依頼主にもきちんと状況を伝えられる業者が良いとされています。さらにアフターケアや保証なども充実していれば猶更良いでしょう。

詳しく見る

ピンからキリまでの相場

作業員

雨漏り修理には、ピンからキリまであるため、一概の相場というものはありません。そのため、一度見積もりをとってみて、その修理方法や規模を参考にインターネットで相場をチェックしてみると効率的だと言えるでしょう。

詳しく見る

施工業者の選び方

ベランダ

ベランダの防水加工を施す業者を選ぶときは実績が重要となります。その実績が分からない場合は、ネットでの口コミを参考にすると便利です。そのときは利用する地域に即した業者を選ぶように心がけなくてはなりません。

詳しく見る

軽微な修理でも業者を

手

雨漏り修理はどんなに簡単な作業であっても、業者に依頼するのが良いです。その理由は、器材や材料を集めるのが時間的費用的に大変であり、さらに、作業に伴う危険性もあるからです。結果として業者に依頼した方が安いケースも少なくありません。

詳しく見る

自然環境から家を守る

住宅

長持ちする素材を選ぶ

日当たりのいいベランダは洗濯物を干したり、植物を育てたりできる心地よい場所です。しかし日当たりがよく外気にさらされている分、年月とともに防水加工が劣化しやすい場所でもあります。放置すれば雨漏りが起こり、家自体が痛んできます。そうならないためにもベランダの仕組みを知り、定期的にメンテナンスをしていくことが大切です。ベランダでよく使用されているのはFRP防水とウレタン防水です。FRP防水は衝撃に強く耐久性にも優れていて、ベランダの防水としては主流です。また硬化速度が早いため、工事自体も1日から2日ほどの短い日数で仕上がります。ウレタン防水はどんな下地にも塗ることができ、柔軟性のある材質で屋上にも良く使われています。作業工程が難しくないため、短い時間で工事が終了するメリットがあります。どちらのタイプでもベランダの劣化は年数とともに起こり、表面のトップコートが痛み出すことから始まります。そして放置しているとその下の防水層にも影響が出て、ひどい場合は雨漏りしてきます。そうならないためにもトップコートはおおよそ5年くらいで定期的に塗り替えをし、ベランダの表面を守ります。また防水層は15年でのメンテナンスが平均です。しかしトップコートの塗替えを放置すると、防水層の寿命はさらに短くなります。費用はベランダの面積にもよりますが、トップコートのみなら3万円から5万円程度です。そこに防水層の修繕も加わると、15万円から20万円ほどと言われています。